2009年11月30日月曜日

読書(25) ☆☆☆☆ -¥700-

【今日の出来事】
 みなさん、こんばんは。いよいよ明日から12月ですね。2009年もあと1カ月なのですね。
 なんだか信じられません。
 今日は、萩本欽一さんの著書をご紹介。

【本の紹介】
 (25) 野球愛  萩本欽一著 ソフトバンク新書
     


 【本の構成】
  第1章 茨城ゴールデンゴールズ優勝物語
  第2章 欽ちゃんの脱常識監督論
  第3章 「勝つ野球」野球だけではつまらない
  第4章 野球を通じて町を元気にしよう!
  第5章 いくつになっても夢を見よう!
  
  という構成からなっている。
 
 【印象に残ったところ】
  この本、楽しめました。なぜ萩本欽一さんは野球をしたのか?ずーーっと疑問に思っていた。
  特に経験者でもなさそうだし、???でした。この著書を読んでその想いがよくわかる。著者の天才的な
  人を見抜くちからや野球を通した雰囲気(舞台)の作り方の考え方がよくわかる。

  またチームを盛り上げる監督としての哲学は、野球にも通じている。

  すごい。

  イチロー選手のスイングのタイミングは

  「なんっでそう~なぁるのっ!?」

  らしい。お笑いにも通じる間の取り方がうまい人は一流であるという。なるほど、とても参考になる。

  野球部解散のきっかけとなった例の事件の話や、最後には、24時間テレビでマラソンをされた
  経緯を書いてあり、あれはやっぱりすごいことをされたとつくづく思う。


  これも図書館で出会った一冊!ありがと。

↓ブログランキングに登録してみました。1クリックご協力お願いします。目指せ25位以内。

人気ブログランキングへ

いつも閲覧いただき、ありがとうございます。感謝!

 

2 件のコメント:

0325 さんのコメント...

とおーい昔のユニホーム姿。。
思い出しました 

くま さんのコメント...

ありがとう。野球いいですよね。