2019年5月24日金曜日

2019年5月22日水曜日

読書54-2019 深夜特急1 沢木耕太郎著

昨年まで駐在していた中国の深圳が少し登場する。
それだけで親近感がわいたのだ。


読書53-2019 深呼吸の必要 長田 弘著  「いわた書店 一万円選書より」

いわたさんが私に伝えたかったことをすこし感じることが
できたような気がする。

深呼吸の必要

どこかへ何かをしにゆくことはできても、
歩くことをたのしむために歩くこと。
それがなかなかできない。この世でいちばん
難しいのは、いちばん簡単なこと。

というところが、印象的であった。

読書52-2019 ムロ本、 ムロツヨシ著

ムロツヨシさんの魅力は
とっても自然体であることと、
しっかりとした芯があることだと感じた。


2019年5月19日日曜日

読書51-2019 デザインが日本を変える 前田育男著

デザインって面白いと思う。

正解がないからだ。例えば車のデザインは今かっこいいと常に思っていても
過去の画像をみるとなんだか古臭く見えたりもする。

デザインがどこに進んでいくのか?
日本は世界の中でどんな位置づけにあるのか?

車のデザイナーである著者の考え、そこにはブランドの大切さが幹としてあると
いうことを感じた。

読書50-2019 鴨川食堂 いつもの 柏井壽緒

この小説を一言でいうとすると。

縁の大切さ

なのだと思う。

食の縁、人との縁、不思議な縁

大切なことなのだと思う。


2019年5月15日水曜日

読書48と49 鴨川食堂 柏井壽著

私はNKK BSプレミアムドラマで見た時に感動した。

想いある食に出会った時の感動を共感できたからである。
そして、先日亡くなられた「萩原健一」さんの演技が最高で
その演技を思い出した。