2013年10月31日木曜日

10月の読書 56冊

10月は56冊の本と出会えることができました。
漫画も含みますが、色々な本に巡り合えてうれしく思っています。

by Kuma


期間 : 2013年10月
読了数 : 56 冊
ジェームズ・アレン 人生を変える幸せの黄金法則【完全版】
望月俊孝 /  ゴマブックス株式会社 (2013-10-11)
★★★★☆ 読了日:2013年10月31日
「原因と結果の法則」で有名な著者。


  その考え方はとてもシンプルで好きなのだ。

  納得感がある。普遍的な考え方だからゆえ、長年読み続けられる

  著書になっているのだと思う。
LIFEWORK 街と自然をつなぐ12人の働きかたと仕事場
小倉 崇 /  祥伝社 (2013-05-29)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月31日
写真付きでしかも各パーソンの人生というか、仕事へのこだわりが伝わってくる

 そんな仕事を天職として持ちたいものだと思った。

 リフレッシュできモチベーションもあがった。
「世界で戦える」人材の条件 (PHPビジネス新書)
渥美 育子 /  PHP研究所 (2013-06-19)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月31日
この本のテーマは面白い。

 まさに、私は中国や韓国で仕事をしていて、痛感しているからだ。
芸能界の絶対に言えない激ヤバナシ (アドベンチャーブックス)
青島優成 /  ADVENTURE BOOKS (アドベンチャーブックス) (2013-09-30)
★★☆☆☆ 読了日:2013年10月31日
テレビで活躍している芸能人、そして出れない芸能人。

  皆必死なんだ。

  ほんとかウソかわからないけれど、

  この本を読むとまずそう思った。
3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由―自由とお金を引き寄せるこれからの人づきあい
小玉 歩 /  幻冬舎 (2013-06-12)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月29日
この題名、やっぱり気になり手に取ってしまうのだ。

 限られた時間を有効に使うためにはどうしたらいいか?

 人とのつき合い方ってどう考えたらいいのか?
やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~
ハイディ・グラント・ハルバーソン /  大和書房 (2013-09-20)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月29日
強い意志を持って、実行できること。継続できること。

 そこには、どんな要素があればいいのか?

 強いモチベーションを持続させるためには、

 そう

 「やってのける」

 ためにはどうしたらいいのか?
成長のない社会で、わたしたちはいかに生きていくべきなのか (一般書)
水野和夫 , 近藤康太郎 /  徳間書店 (2013-10-23)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月29日
このなんとも長い題名、そしてネガティブなテーマがとっても気になり

 手に取ってみた。
小宮一慶の 1分で読む! 「日経新聞」最大活用術
小宮 一慶 /  日本経済新聞出版社 (2013-10-22)
★★★★☆ 読了日:2013年10月29日
日経新聞を1分で読みこなすなんて・・・・

 意外とできるのだ。

 この本を読むとよくわかる。
F 28巻
六田登 /  ゴマブックス株式会社 (2013-10-17)
★★★★☆ 読了日:2013年10月29日
いよいよ28巻で最終巻となってしまった。

 さびしい限り。
F 27巻
六田登 /  ゴマブックス株式会社 (2013-10-17)
★★★★☆ 読了日:2013年10月29日
この漫画で、人間は夢を持って生きていくことが大切だという
ことがわかったとともに、

 決して一人では生きていけないということ。
 決して夢はあきらめてはいけないということ。


 教えてくれたような気がする。
心配ぐせをなおせばすべてが思いどおりになる―つい「クヨクヨ」してしまう気持ちがすっと消える本
斎藤 茂太 /  ゴマブックス (2003-10-01)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月28日
私は、自分で言うのもなんだけれど、心配性である
それがいいのか、悪いのか。

  とっても日頃気になっていた。
秋元康の発想は、なぜ人の心に「刺さる」のか? 夢をかなえる48の心理テクニック
内藤誼人 /  イースト・プレス (2013-10-23)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月27日
秋元康さんの発想の秘密とは?

 私もAKB48がなぜここまでブレークしたのか?ということについて
 研究している。
ウラからのぞけばオモテが見える―佐藤オオキ/nendo・10の思考法と行動術―
佐藤オオキ , 川上典李子 /  日経BP社 (2013-10-18)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月27日
色んなデザインを示しながら、そのデザインに込められた思いをメモしてあったり
する。

 かっこいい本なのだ。
人が集まる「つなぎ場」のつくり方 -都市型茶室「6次元」の発想とは
ナカムラクニオ /  阪急コミュニケーションズ (2013-10-24)
★★★★☆ 読了日:2013年10月27日
6次元の都市型茶室って何なんだ?

 大きな「?」を持ちながら、手に取り、どんどん読んでいく。

 こんな雰囲気の本は、好きなのだ。
「自分を変える」読書: ”もっと面白く生きる”知恵を身につけよう (単行本)
戸田 智弘 /  三笠書房 (2013-10-10)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月27日
読書の大切さを主張する本は、大好きだ。

 自分もそう思うし、色んな参考となる意見も得られるからだ。
スポーツの品格 (集英社新書)
桑田 真澄 , 佐山 和夫 /  集英社 (2013-10-17)
★★★★☆ 読了日:2013年10月27日
桑田さんと 佐山さんの対談形式。

 考えをしっかりと持って、テーマを持って、スポーツに取り組む姿は

 素晴らしい。
ディック・ブルーナのデザイン (とんぼの本)
芸術新潮編集部 /  新潮社 (2007-07)
★★★★☆ 読了日:2013年10月27日
ミッフィーを描いている人と言えばピンとくるのではないだろうか?

 他にも色んな作品があるのが興味深かった。
人に強くなる極意 (青春新書インテリジェンス)
佐藤 優 /  青春出版社 (2013-10-02)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月27日
誰もが人に強いかと言えばそうではない。

 ではどうすれば強くなれるのか?

 そんなテーマで向かってみた。
日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書)
竹田 恒泰 /  PHP研究所 (2010-12)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月27日
日本はなぜ、人気があるのか?

 ホントに人気があるのか?

 そんな疑問をもとに手に取ってみた。
ビジネス寓話50選 物語で読み解く、企業と仕事のこれから (アスキー新書)
博報堂ブランドデザイン /  アスキー・メディアワークス (2012-08-10)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月27日
ブスの25カ条ってところが面白かったです。

 男女問わない要素でした。
自分らしく生きる 40のヒント (アドベンチャーブックス)
本島修司 /  株式会社総和社 (2013-10-08)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月26日
自分らしく生きること。

  人生を歩んでいく中で、ふと思うことが大切。

  そのためには、どうしたらいいか?

  この本はそのヒントをくれる
宮崎駿はなぜ引退を決意したのか?
岡田斗司夫 FREEex /  ビンワード (2013-09-16)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月25日
宮崎駿さんがなぜ引退するのか?

  すべて推測なのだ。

  でも多くを語らないため、色んな推測が飛び交い、話題になる。
F 26巻
六田登 /  ゴマブックス株式会社 (2013-10-11)
★★★★☆ 読了日:2013年10月24日
さてどうゆう結末が待っているのだろうか?
F 25巻
六田登 /  ゴマブックス株式会社 (2013-10-11)
★★★★☆ 読了日:2013年10月24日
いよいよ話は終盤に

どんな人生観を持って生きるか?そんなことを教えてくれる漫画なのだ。
F 24巻
六田登 /  ゴマブックス株式会社 (2013-10-04)
★★★★☆ 読了日:2013年10月21日
物語はいよいよ終盤の予感。

 いろんな人との別れ(≒死)も遭遇し、邁進していく主人公の葛藤。

 心情が伝わってくるのである。
F 23巻
六田登 /  ゴマブックス株式会社 (2013-10-04)
★★★★☆ 読了日:2013年10月21日
物語はいよいよ終盤の予感。

 いろんな人との別れ(≒死)も遭遇し、邁進していく主人公の葛藤。

 心情が伝わってくるのである。
人生を劇的に変える〈ブッダの時間〉
ラマ・スールヤ・ダス /  新潮社 (2013-08-23)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月20日
この本のテーマが気に入った。

 自分のリズムを持つこと、ゆっくりとした時間間隔を味わうこと

 インドのブッダからくるこの考え方を

 取り入れるのは面白い。
雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール
齋藤 孝 /  ダイヤモンド社 (2010-04-09)
★★★★☆ 読了日:2013年10月20日
雑談、何の価値も内容に思われるこの会話。

 著者はそれが大事だという。

 私も、お客様との会話が重要な仕事に携わっているので

 この考えは同感。
生きるためにつながる
石鍋 仁美 /  日本経済新聞出版社 (2013-10-19)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月20日
まず、この本の装丁が印象的で、ついつい手にとってみた。

 我々、そして、少し下の世代は

 「つながり世代」
 
 うまい言葉だと思った。
F 22巻
六田登 /  ゴマブックス株式会社 (2013-09-26)
★★★★☆ 読了日:2013年10月20日
やめられない名作
F 21巻
六田登 /  ゴマブックス株式会社 (2013-09-26)
★★★★☆ 読了日:2013年10月20日
やめられない名作
おとなのための小学校国語の教科書傑作集
新美 南吉 , 小川 未明 /  Winas, Inc. (2013-09-08)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月20日
なつかしく読むことができた。

  この歳で、読んでみると、あることに気づいた。
現実を視よ
柳井 正 /  PHP研究所 (2012-09-21)
★★★★☆ 読了日:2013年10月12日
ユニクロで有名な 柳井さんが語る 「現実とは?」

 新しいビジネススタイルの先駆けをつくり上げたと言える「ユニクロビジネス」

 その着眼点

 分析力は、興味深い。
「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣
山本 憲明 /  明日香出版社 (2013-10-09)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月12日
まさに、比較しているところが面白い。

 すべてが正解だとは思わないけれど、

 これほど明確に、仕事が速い人と仕事が遅い人の差をうたったものは

 ないのではないだろうか?
野蛮人の読書術
田村 耕太郎 /  飛鳥新社 (2013-09-26)
★★★★☆ 読了日:2013年10月12日
表題に惹かれて手に取ってみた。

 「野蛮人の読書」って何?

 超忙しいできるビジネスマンは、読書ができている?なぜ?

 そして、アウトプットにまでつなげられているのだ。
自分を信じていい時代 水平化した世界で生まれる多様性 (カドカワ・ミニッツブック)
モーリー・ロバートソン /  ブックウォーカー (2013-03-28)
★★★★☆ 読了日:2013年10月11日
新しい時代の到来を感じる。このテーマごもっともなのだ。

  世界共通の土台がつくられ、国の境目もなくなる。

  そして、頭角を現す人が、意外なところから出てくる予感。
お子様上司の時代 (日経プレミアシリーズ)
榎本 博明 /  日本経済新聞出版社 (2013-09-10)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月10日
この「お子様上司」というキーワードは、最初、古い世代の上司像をイメージ

 したが、この本を読むと、まさに「現代の上司」にあてはまることがわかる。

 できる部下は大変なのだ。
できるリーダーは部下の「感情」を動かす チームを強くするエモーショナル・インテリジェンス (PHPビジネス新書)
田辺 康広 /  PHP研究所 (2013-07-19)
★★★★☆ 読了日:2013年10月10日
 これからのリーダーは「管理型」ではなく「指揮者型」であるべきだ。

 この本はこの一言につきるのではないだろうか?
大人のケンカ必勝法 論争・心理戦に絶対負けないテクニック (PHP文庫)
和田秀樹 /  PHP研究所 (2004-06-30)
★★★★☆ 読了日:2013年10月10日
ケンカに勝つ方法とは?

  それを分析することはあまりやったことがない。

  ついつい手に取ってみた。
おのぞみの結末
星新一 /  新潮社 (1976-04-01)
★★★★☆ 読了日:2013年10月9日
私は星新一さんの独特な物語が大好きである。

  はっきり言って、暗い

  人間の裏を見るような物語が多い。

  でも、読んだ後に不思議と嫌な気持ちにならないのは

  なぜだろうか?
田島弓子 /  WAVE出版 (2013-08-16)
★★★★☆ 読了日:2013年10月9日
ちょうどそんな気分に目の前にあったのでつい手に取ってみた。

 自分が思う = 頑張っていること

 と組織のメンバーが思っている頑張る姿。その差異を認識する
 ことが大事。
言える化 ー「ガリガリ君」の赤城乳業が躍進する秘密
遠藤功 /  潮出版社 (2013-10-05)
★★★★☆ 読了日:2013年10月9日
「ガリガリ君」私の世代(43歳)で知らない人はいない。

 でも驚くことに、私の子供の世代でも知られている商品なのだ。
 なぜ、こんなにロングランなのか?
こうして、チームは熱狂し始めた。
近田 哲昌 /  すばる舎 (2013-10-02)
★★★★☆ 読了日:2013年10月9日
チームのモチベーションの上げ方。

  これを読むととても参考になるのだ。
モテる三枚目のすべらない話術
ISM Publishing Lab /  イズムインターナショナル (2013-09-26)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月8日
印象的な表紙のデザインと題名にひかれ、つい手に取ってみた。

  話し方の上手な人。

  人をうまくひきつける人。

  同じテーマの内容を話しているのにその差が歴然とすることがある。
「忙しい」が口ぐせのあなたにワーキングマザーが教える自分の時間が増える36の時間管理術 (impress QuickBooks)
保科浩子 /  インプレスコミュニケーションズ (2013-03-19)
★★★★☆ 読了日:2013年10月5日
ワーキングマザーが語る時間管理術は説得力がある。

  やはり自分に合った方法を見つけ、継続してやり続けること
  そこが大事なことがわかった。
今日はダメでも明日なら―フリーター生活から脱出したい君へ
柴田 拓也 /  アーク出版 (2013-06-01)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月5日
物語の間に、コメント≒秘訣 が盛り込まれているという。

  ある意味 定番のストーリー。
すごい売り方
木村 和男 /  ディスカヴァー・トゥエンティワン (2013-09-22)
★★★☆☆ 読了日:2013年10月3日
この本は、装丁 に惹かれて手にとった。

 黄色の迫力と

 すごい売り方 というテーマ。

 まさにこの本の迫力事態が すごい売り方なのだ。
新幹線お掃除の天使たち 「世界一の現場力」はどう生まれたか?
遠藤 功 /  あさ出版 (2012-08-28)
★★★★☆ 読了日:2013年10月3日
私は、前から気になっていた。

 新幹線のお掃除をしている人。

 この本にも書いてあるのだが、見事なチームワークと手際の良さなのだ。
専門家はウソをつく (小学館新書)
勝間 和代 /  小学館 (2013-10-01)
★★★★☆ 読了日:2013年10月3日
勝間和代さんの著書は、はぎれがいいので気持ちがいい。

 今回は、久々の紙の著書。

 専門家ってどうなんだ。

 という話。
人生がうまくいく!「動じない心」の作り方 (マイナビ文庫)
植西 聰 /  マイナビ (2013-09-18)
★★★★☆ 読了日:2013年10月1日
物事に動じない人。

 たまにみかける。

 憧れる。

 どうすればそのようになれるのか? この本にひかれ、ついつい手に
 とってみた。
世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと (王様文庫)
トニー野中 /  三笠書房 (2013-09-27)
★★★★☆ 読了日:2013年10月1日
そんなことが?と思うことが秘訣だったりする。

 例えば、自分の履いている「くつ」

 ここにどれだけ気を使うか・・・

 この観点が大切なのかもしれない。
もう「いい人」になるのはやめなさい
潮凪 洋介 /  中経出版 (2010-10-30)
★★★★☆ 読了日:2013年10月1日
「いい人」になるのをやめる。

 はっきりと断ることができる人。

 重要なことなのだ。
世界がもし100億人になったなら
スティーブン・エモット /  マガジンハウス (2013-08-26)
★★★★☆ 読了日:2013年10月1日
表題が特に気になり手に取ってみた。

 そう、今 地球の人口は70億人に達していると言われている。

(001)○に近い△を生きる 「正論」や「正解」にだまされるな (ポプラ新書)
鎌田 實 /  ポプラ社 (2013-09-19)
★★★★☆ 読了日:2013年10月1日
この本を読んでいると気持ちが楽になる。

 ○でなくともいい。△でいいのだ。
世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?
戸塚隆将 /  朝日新聞出版 (2013-08-07)
★★★★☆ 読了日:2013年10月1日
色んなことを教えてくれる。

 世界のエリートが実践していること。
「アッキー」大いに語る 妻から見た「素顔の安倍晋三」―新潮45eBooklet
安倍昭恵 /  新潮社 (2013-09-20)
★★★★☆ 読了日:2013年10月1日
この本を読むと、首相って仕事は大変だし、その周りの人たちも大変なんだなと
思う。

 そして、妻である著者が見た夫の姿。

2 件のコメント:

ミミ さんのコメント...

すごい読書量ですね!
読みたい本がたくさんありました。
くまおさんを見習って私も読書の幅をもっと広げないといけません^^
おじゃましました♪

kuma Miya さんのコメント...

ミミさん

コメントありがとうございます
読書って楽しいですよね